猫の困った爪とぎ

猫爪とぎは困った行動です。
壁がぼろぼろになってしまいますので借家住まいの身にとっては直接お財布にダメージを与える困った行動ではあります。猫はしょっちゅう爪を研ぐ動物です。刈谷戦いのためのぐきとして、常に爪を尖らせておこうという習性があるからです。爪とぎは生まれつき猫に備わっている本能的な行動ですので叱ろうと何をしようとやめさせることはできないと思います。できるとしたら決まった場所で爪とぎをさせるということだけになると思います。野性時代猫の祖先は自分の巣の近くにある樹の幹で爪とぎをしていましたので人に買われるようになり家の柱や壁で爪とぎをするようになりました。
それでは困ると思い人間が考案したのが爪とぎ器です。猫の爪とぎとは爪の表面の古い層を剥がす作業ですので爪が引っかかりやすい、表面がぼそぼそとして柔らかく爪の刺さりやすい素材のものを好みます。
爪とぎはダンボールや縄が柱に巻かれたようなものや、床置きタイプや壁に立てかけるタイプ等色々とありますがお財布のためにも猫のためにも猫が気に入るものを探したいですね。