252生存者ありをDVDでみました

大災害に見舞われた東京を舞台に人々の「生還」と「救出」を壮大なスケールで描く人間ドラマ。監督は「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生、原作は「海猿」原案者の小森陽一。伊藤英明、内野聖陽、山田孝之ら豪華キャストが共演。都心で発生した直下型地震の数週間後、巨大台風が襲来し、雹(ひょう)や高潮などの異常気象で東京はパニックに陥る。新橋駅の地下に閉じ込められた人々を救出するべく、ハイパーレスキュー隊(東京消防庁消防救助機動部隊)が命懸けの救出に挑む。

基本、海猿と同じ展開なんですが、目の見えない子供を足してさらに涙を増量しました、という感じです。まあでも、最後まで一気にみれるストーリー展開ですし、面白くない映画ではありません。ただ、ラストだけはやりすぎでしょう、いくらなんでも。お子様がいらっしゃる方は涙なしでは見れません。