限られた衣類でも上手にオシャレをした江戸のエコ生活

エコエコロジーな生活サイクルが出来上がっていた江戸時代ですが、江戸時代の女達はオシャレの実にエコな工夫をこらしていました。
江戸時代に描かれた浮世絵など様々な絵画を見ると人々の表情が活き活きとしてとても魅力的です。金銭的・物質的な余裕のなかった庶民ですがそんなこととは無縁であるかのようにのびのびとしています。そう印象づける理由の一つに和服を上手に着こなしている女性たちの存在があげられます。一番上に来ている小袖だけでなく、裾からちらりと見える裏地や下着まで色柄とお多彩で帯や髪も各人が思い思いに結っておりとてもオシャレです。いまでも着物一本帯三本などといいますが所持品が少なくても上手に使いこなせば色々なコーディネイトが楽しめたのが江戸のエコ生活。
もともとひも状で結ぶことせできれな良かった帯は、徐々に幅が広がり長くなって結び目だけでなく帯締めや帯揚げなどの補助小物でも変化を出せるようになりました。同じ帯でも後ろで結ぶか前で結ぶか、箱型にまとめるか蝶々にするかで随分印象が変わってきます。現代にも通じる和装のおしゃれ術が江戸のエコ生活にはあったのですね。