-TEKKEN-鉄拳の映画をDVDでみました

格闘ゲームの鉄拳がハリウッドで実写化された映画です。私はバーチャファイター派だったので、鉄拳についてはいまいちストーリーもキャラクターも分かっていないんですが、ハリウッドの日本ゲーム&アニメを映画化する流れは、バイオハザードの大ヒット以来とまらないようですね。

正直、まったく期待していなかったので、レンタルビデオすら観る気がなかったんですが、動画サイトでみたら意外と面白かったので、レンタルしてみました。

一応、ゲーム本来のストーリーを拡張した形で脚本が書かれたようですね。世界はもっとむちゃくちゃに世紀末化していますが。でもゲームを知らなくてもそれなりに見れるB級アクション映画ぐらいには出来上がってます。

時は近未来。世界は崩壊し、最大の権力を誇るテッケン財閥とそのCEO三島平八の全体主義的な支配下にある。テッケン財閥に母を殺された、ひとりの若き格闘家・風間仁。彼は三島平八によって開催される格闘技大会“The King of Iron First Tournament”に出場し、復讐を狙う。しかし、史上最大のトーナメントの裏側には、恐るべき陰謀と秘密が隠されていた。仁は、世界最強の格闘家たちを破り、復讐を果たせるのか……?

1994年にアーケード版で登場して以来、根強い人気を誇る対戦格闘ゲーム「鉄拳」が、ハリウッドで遂に映画化。宿命に苦しむ若き格闘家・風間仁、暗黒世界のトップに君臨する三島平八。平八と対立する息子の一八をはじめ、クリスティ、レイヴン、ウィリアムズ姉妹など、ゲームで人気の個性あふれるキャラクターたちも、ずらり登場!監督は「24」「プリズン・ブレイク」のエピソードを手がけたドワイト・リトル。