現金の管理方法

現金出納帳現金出納帳を付けていると帳簿上の現金残高より実際の残高が多かったり実際の残高より帳簿上の現金残高が多いということはありませんか。現金および預金は会社の活動のほとんどすべてにかかわります。もっとも注意して管理していくべきもののひとつです。

もし現金および預金の現在の正確な残高がわからなければ給料日に従業員の給与が支払えなかったり、仕入先に支払日に支払いができなくなったりしてしまいます。すると信用がなくなるばかりではなく、最悪の場合は会社としての活動を続けていくことができなくなってしまうことも考えられます。会社として最低限、現金の残高を一致させるようにしましょう。

現金には当然持ち主の名前は買いてありません。残高の不一致やその他トラブルの原因になりやすいものです。そのようなことを避けるために現金の入出金を行う係の人はなるべくひとりにして、誰でも現金を触れるような体制にしないことが必要です。現金の出納係の人は現金を支払う際に必ず領収書や精算書と金額を確認して、それと引き換えに現金をわたすように心掛けます。この際に念のため他の人にも残高を確認してもらうといいでしょう。