エクスペンダブルズという映画をDVDで観ました

エクスペンダブルズは、シルベスター・スタローンが自分が主演するためだけに作った映画って感じです。でもランボーのシリーズに良い思い出がある人にとっては、結構楽しめる映画だとおもいますよ。

エクスペンダブルズといえば、懐かしの豪華アクション俳優が勢揃いってことで話題になりました。シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレンなどかつてのハリウッド映画のヒーロー達がこれでもかってほど並んでます。

ブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーは、ほんとチョイ役で、まさに友情出演?といった感じ。シュワルツェネッガーなんか、やつは大統領になるのに忙しいんだとか嫌味言われてたし(笑)ジェット・リーなんかチビにコンプレックスを持つ、金欲しがりキャラだし(笑)

いいアクションを見せるのは、ジェイソン・ステイサムとジェット・リーぐらいで、スタローンはちょっとロートルな感じでマッチョなんだけどやられ気味なタフガイおやじ。ああ、これは前からずっとか(笑)

ストーリーは、なんかCIAと麻薬で南米がどうのこうのっぽい、ありがちな話ですが、とりあえず敵っぽいのは全部撃ち殺し、ナイフで挿し殺し、建物は爆破し、ヘリと車は吹き飛ばす。全員ぶち殺したのに現地人のヒロインはなぜか喜ぶという、お約束ものです。

シルベスター・スタローンと聞いて、ああ、ひさしぶりにもう一度ランボー見てみようかなって思うひとは、見る価値ありますよ。