猫がドアを開ける

猫猫はよく人間の行動を観察していて、餌の入った戸棚を開けてみたり器用に襖を開けてみたりします。

勝手に餌に袋を開けたり、普段出入り禁止のところに行ってしまうので困った行動ではあるのですが、ドアノブに力をかけるとドアが開くということや、引き戸を横にずらすと隙間ができることを知っているのはにとってはすごいことだと思います。元々の野生の猫の暮らしにはそんなものは存在しないからです。これは人間との暮らしの中で習得した知恵で、環境適応の代表的な一例といえるのではないでしょうか。
ドアをあけることよりも引き戸を開けることのほうがテクニックとしては高度なのかもしれません。というのは猫は本来手を上下に動かすことはあっても水平方向に動かすことなどないからです。両手で引き戸を開ける猫は両手とも同じ方向に動かしているのです。そんな風に前足を同時に動かす野生動物は存在しませんので驚くべき行動だと言えます。大概開けてはいけないところや困るところを開けてしまう猫のこの行動ですが、実はとてもすごいことなんですよね。