SEO対策で検索エンジンスパムとみなされた

seo search engine (18)SEO対策で検索エンジンスパムとみなされた数日後、全サイトとも問題簡所を修正したため、Google検索に復活を果たしましたが、Google八分で受けたブランドダメージやチャンスロスは看過し得ないもの甚大なものだったでしょう。
また、検索エンジンスパムと判定されないまでも、サイトの作りによっては検索エンジンからやってきたユーザーが「他のウェブページへの移動がスムーズに行えない」「ウェブページの不備でユーザーがアクションを起こせない」というハードルを生み出してしまうこともあります。
どんなことが検索エンジンスパムと判断されるのか、あるいはユーザビリティに問題を生じてしまうことには、くれぐれも注意してください。
また、ウェブサイトで成果を挙げようとするならば、定期的なサイト情報の分析は欠かせません。 SEO施工後の結果分析や、成果に繋げられているか否かをアクセスログを分析しながら検証し、その検証データを元にウェブサイトを改善していく必要があるのです。