エコの本当の意味を知りましょう

エコロジーエコの語源はエコロジー(ecology・生態学)の略だと思われがちですが、実はエコノミー(economy・経済学)の概念も含まれています。生態学とは生物と周りの環境の関係性を研究することであり、また経済学は社会の経済活動の研究を言います。環境と経済、この二つは関係ないように思えて実は両方とも両立しないと私たちの生活はスムーズに運びません。ただ自然を豊かにするだとか、社会を文明社会以前の状態に戻すことが目的ではないのです。

私たちは文明人です。資本主義社会の日本では経済の成長がなければこの先健全に生活していくことは困難でしょう。生態と環境の研究によって判明した地球の変化を見極め、私たちの生活環境をできるだけ持続させることこそが真の目的です。例えばダイオキシン発生を恐れてゴミを燃やさないようにしたり物を買わないように呼びかけたとしたら、流通は滞り、景気は低迷してしまいます。二酸化炭素排出量の増加を恐れてすでに気温の上昇が進んでいるこの時代に暑さの対策をしなければ、家電業界だけでなく医療業界も混乱してしまいます。今の時代の状況に合わせ、効率よくエネルギーを使い経済を回す。これを踏まえて生活を見直してみましょう。