トラック運転手のおかげで日本の物流は維持できている

27直接の関係はそれほどなくても、誰もがトラック運転手に生活を支えられています。身近な例で言えばスーパーマーケットの食料品などがあります。他にコンビニの商品もそうですし、郵便物や宅配便の仕組みも全てトラックの存在によって成立しています。 物を運ぶにはトラック以外にも飛行機や貨物列車などの方法がありますが、コストがいくらか高くなる欠点があります。ITによる効率化が進んでいますが、さすがに物自体はクリック一つで目の前に現れたりはしません。

昔から、そして現在もトラックは日本の物流を支える主役なのです。 台風が上陸するような悪天候でも、トラック運転手は24時間途切れることなく高速道路上を走り続けています。日差しの厳しい日などは、体の片側だけが日焼けしてしまう事もあるそうです。車の運転は座ったまま出来るので楽だと思っている人もいる様ですが、何時間も連続して運転しなければならないため体への負担も大きいのです。 重労働でありながらテレビで事故が報じられる事はあまりありません。おそらく事故率が低いのでしょう。事故を起こさないのは仕事としてやっている以上当たり前かもしれませんが、それだけ安全運転をしようという意識が高いのだと思います。