玄関の鍵を失くしたと思いこんで探した話

07以前、友人と2人で部屋を借りて住んでいた時期があります。その最初のころ、ちょうど春だったので、花見に行こうと弁当など作り、友人と一緒に地元の大きな公園まで出かけました。天候にも恵まれ、広い公園内をあちこち歩き、花を見て楽しみました。花見そのものは楽しく終えました。 で、帰ろうかというタイミングになって、友人が自分の服のポケットなどをやたら探っては言うんです。「玄関の鍵、落としたかも・・・・」って。・・・冗談じゃないですよ、あんな広い公園のどこかで落としていたら、探すのまず無理ですよ! たしか鍵を失くした場合は、管理会社に数万円くらいの費用を取られる、みたいなルールになっていたはず、そんな無駄なお金を払いたくない、とかあれこれ考えました。仕方なく公園の入り口付近まで戻るべく友人と一緒に歩きはじめました。

「ごめんね~」って言いながら友人はバッグの中をあちこち探り出しました。「・・・今日はどこに鍵、しまったの?」って聞いても「うーん、いつもは服のポケットに入れるんだけど・・」って困った顔をして探し続けました。 公園入口まで戻ってくるころになって、急に「はぁ!あったー!」と言って、友人が鞄の中から玄関の鍵をつかみだしました。・・・出かけるときに鞄の内ポケットかどこか、いつもとは違うところに入れたので後でわからなくなっていたそうです。落としてなくてホッとしました。また公園から駅までのけっこうな距離を歩くハメにはなりましたが。