味や種類の多様性が魅力のクラフトビール

クラフトビール29日本で一番飲まれているアルコールといえば、ビールです。日本中どこの居酒屋へ行っても「とりあえずビール」が通じるレベルですから、どれだけ愛されているかがわかるというものです。ビール好きの間では、そこらのスーパーなどで買える大企業のビールではなく、地域ごとに特色の違うクラフトビールという物が人気です。

このビールは、いわゆる地ビールというもので、各地の小さな酒造メーカーが独自に作っている小規模生産ビールです。作られている場所やメーカーによって味が全く違うのが特徴で、一般的な大手メーカーが作っているような画一化された味ではありません。それ故に、そこらのスーパーで買えるビールの味が苦手な人でも自分の好みに合うビールを探すことが出来るという楽しみがありますし、ビール好きの間ではより珍しいビールを探し出したりという楽しみがあるのです。

現在では、ビールの醸造技術が高くなり昔のような程度の低いクラフトビールは淘汰されつつあります。また、生産量の少ない珍しいビールでも、それだけを集めた大会のようなものも開催されていて、昔よりも手に入れやすく見つけやすい状況になっています。いつものビールに飽きてきたら、ちょっとだけ目を向けてみてはいかがでしょうか。