自宅しゃぶしゃぶの薦め

しゃぶしゃぶ9牛肉の中でも、さしの入った最高級の和牛は、格別です。牛肉には格付けがあります。歩留まりで、A,B,Cの3段階、肉質で5段階の合計15等級があります。その中で、最高級といわれる肉はA5と呼ばれる最高級の格付けで、霜降りといわれる脂肪が筋肉質に網の目状に入り込んでいて、その食感は、まるで大トロのようなとろけるような口触りです。数ある牛肉の食べ方の中で、しゃぶしゃぶは、牛肉本来の旨味が味わえる最高の食べ方です。

食べ方はずばり、熱湯にさっとくぐすして、ポン酢やごまだれなどお好みの味付けで食べるというとてもシンプルな食べ方です。

肉は生で食べるのが本来は一番おいしいのですが、牛肉の場合、肉になるまでにはどうしても表面が細菌や寄生虫やウイルスなどに汚染されていて、大変リスクが大きい食べ方です。食品衛生法でも、生食により食中毒が多発したことを契機に厳重な衛生管理を経なければ、食べることができなくなりました。

日本国は、高度に発展した食文化を持ち、科学的にわからなくとも、生食のリスクを経験的に学び、しゃぶしゃぶという食べ方を発見しました。できるだけレアに肉本来の旨味を味わい、さらにリスクを無くすという食べ方の発見です。ですが、残念なことに、格付けの高い牛肉は、とても高く、お店ではなかなか満足のいく量まで食べることは、一般市民にはとても無理です。

そこでお薦めなのが、最高級のしゃぶしゃぶ用の牛肉を買って、家で食べる方法です。

この方法であれば、同じ予算でお店より数倍多く食べることができます。調理は、自分自身が行うものですので、お店でも自宅でも何ら変わりありません。のんびりと誰にも気兼ねなく、自宅で楽しむのが、最高においしく、しかも、たくさん食べることができて、幸福感は何倍にもなります。