家具設置の工夫で広々感を

家具狭い部屋でも家具設置の工夫次第でひろびろ感を演出することができます。それは床をすっきりさせて広い感じを作るのが一番だと思います。ソファは対面式に置くよりL型に配置するのが良いと思います。家具を壁沿いにL型に配置することで中央にまとまった空間を確保することができるからです。また壁にそって配置することにより、座った時に司会が広がり心理的にもゆったりとした感覚を得ることができますよね。家具を選ぶ際にガラス天板のものを選ぶと、広い面積を占めていますがガラス天板を通して床が見えればおいてあっても圧迫感が少なくて済みます。狭くて家具を置くスペースがあまりないガラスなど視線が抜ける素材を選ぶのが広く見せるコツです。
部屋のあちこちに家具をおいてしまうと圧迫感が出てしまいます。壁や床に凹凸のラインがあるとうるささを感じ無駄なスペースが生まれる原因にもなります。複数の収納家具を良い箇所にまとめ、全面や上部のラインを揃えるとすっきりとした広い印象を与えることができるのです。