樹木葬への興味

樹木葬という言葉を初めて耳にした時、ペット葬儀のように樹木を埋葬するのかと思ってしまいました。しかし後々調べてみると当然ながらそのようなものではなく、墓石の代わりに樹木を用いるということだったのですね。

さらに樹木葬には様々なメリットがあることがわかりました。例えば費用が通常のお墓を建てるよりも安価であることが多かったり、宗教などに囚われず自然の中で眠ることが出来るといったことなどです。それ以上に良いなと思ったのが、継承者がいなくても良いという点です。お墓を守っていくことはなかなかに大変であり、独身だったり地方から出てきたりといったように継承者が見つからないこともあるであろうこの時代には非常にありがたいことだと思ったのです。
樹木葬に使える樹木というのは恐らく墓地や霊園によって異なるのだと思いますが、桜を使った桜葬というものがあるということを耳にしました。日本といえば桜といっても良いくらい浸透しているものですし、個人的にも大好きな木なのでこの話を聞いて一気に興味が高まりました。
不慮の事故などが無い限りお墓に入るのはもう少し先の話になりますが、比較的近所に樹木葬が出来る霊園があることを知ったので、自然な形であると感じられる樹木葬も良いかもしれないなと思っています。