モーターコイルと小学校の理科

小学校の理科では、モーターコイルについて習うことになります。
理科では主に、電池などを使い、どのように回転しているかと言うことを理科の実験で確認したりするようです
しかし、教科書を見たとしても、その仕組みについては詳しく書かれていなかったり、触れられていないようです。

しかし、夏休みの自由研究などでは、このモーターを自作したり、仕組みを研究して発表するという生徒は多いようです。仕組みを勉強することで、とても面白いですし、特に男の子の場合であれば、車などについていると言うことで、仕組みを知ることで世界が広がるともいえるでしょう。
たとえば、電池・電源・磁石を使うことによって、モーターコイルを自作することが出来ます。
この力は、フレミングの左手の法則と呼ばれる法則なのですが、電池と電線を合わせることで、磁界が発生し、モーターが動くようになります。一定方向に力が加わり、回転する仕組みになっています。
仕組みを大体理解しておけば、ホームセンターや100円均一のショップなどで、これらの材料を買いそろえると、小学生くらいの男子ならば、気軽に自作することが出来るようです。実際に、コイルを制作して、夏休み語に持ってくるというケースは多いです。