遺品整理は断捨離です

父が他界した後、一人暮らしをしていた母が、遺品の整理をしたいと言い出しました。父が亡くなってから、しばらくはあれこれ片付ける気にならなかったようで、父が使っていた部屋もそのままにしてありました。遺品整理は、亡くなったからといってすぐに始められるものではなく、まず気持ちの整理が必要なようです。

私も妹も、遺品整理はもちろん、これを機会に実家の片づけをしたいという気持ちが強くありました。母は物を捨てたり整理したりするのが苦手なタイプで、父が亡き後、実家はかなり散らかっていたのです。
父の遺品の中でも、もう着る人はいないであろう衣類や、数十年前の文学全集や百科事典などは思い切って処分することにしました。その他、本がかなりあったので、読み手が見つかりそうなものは、ネットで申し込める買取りサービスを利用しました。
遺品整理のついでに、古い布団や使っていないテーブル、壊れかけた戸棚なども粗大ゴミとして出し、家の中は幾分すっきりしました。
遺品整理というと深刻そうな響きがありますが、由緒ある品物があるわけではなく、実際は引越しの時と同じように、捨てるものと捨てないものを分ける作業が中心でした。物を捨てても人を忘れるわけじゃないと言い聞かせながら、実家の断捨離を終えました。