建築工事会社を選ぶ時の大事なポイント

新築商品の内容に満足しても建築工事がしっかりしていないと意味がありません。そのために、失敗しないための建築工事会社の選び方としてポイントがいくつかあるので頭に入れておく必要があります。

【実績で選ぶ】
建築工事会社を選ぶのに重要な要素のひとつであるのが「実績」です。この実績に関して、大手ハウスメーカーは問題ないと思いますが、地域型の建築工事会社や工務店は実績には差があります。

実績を見る時には、「発注を予定している構造や工法に関する実績」や「住宅の実績がどの程度あるのか」を確認するようにしましょう。なぜそんなことを確認するのかというと「会社ごとに得意な工法がある」ためです。得意分野ではない工法を依頼してしまうと欠陥になってしまう可能性が出てきてしまいます。建築工事会社のスタッフや担当者が気に入ったからといって安易に決めることなく、突っ込んで質問していく方が良いでしょう。

【営業と設計の担当者】
担当者の対応というのは良しも悪しも、建築工事会社を選ぶだけではなく、他のことにも大きく左右されると言えます。営業担当者の対応の質が重要であるのは確かなのですが、それだけで判断してはいけません。「設計者と相性が合わないもしくは対応が悪い」ということがあります。担当者と契約を締結して、初めて設計者と詳細な打合せをすることになるのですが、契約を締結するその前に「設計者と面談」させてもらうようにしましょう。契約してからでは変更できないことが多くありますので、担当者にお願いして設計者と面談してもらえるようにセッテングしてもらいましょう。