作業服だと汚しても平気なので安心!

私の働いている職場は工場の組み立て作業員なので、作業服が指定でした。上着とズボン、作業靴が指定でしたので毎日この作業服を着て仕事をしていました。
冬は作業服だけだと寒いので、セーターなどを工夫して着て少しでも暖かい恰好になるようにしていましたが、夏は半袖に変わるだけなので、衣替えの時期を間違えると少しキツイ時もありました。

作業服があって便利な事は、私服で働かなくていい事です。私服で毎日働くと服選びにもとても困りますし、仕事するにも向き不向きな服装があると思います。
その為に給料から、服を購入する事を思うと作業服があるのはとても助かります。
作業服で仕事をしていると、汚しても平気なので仕事もとてもしやすいです。みんなの作業服を見ているとかなり汚れています。
油がしみこんでいたり、破れていたり仕事内容によって、ボロボロになるスピードが違います。
あまりにも酷くなると作業服を支給してもらえます。
基本的には、週末に持って帰って洗濯をするので持ち帰るのが面倒だと思う事はあります。一番辛いのは、自宅に持って帰った作業服を自宅に忘れて出勤してしまう事です。月曜日になると、たいてい誰かが忘れてくるので、誰か予備を持っていなか探しています。最悪、事務所に行き作業服を貸してもらいます。
作業服があるととても便利だと思うので、仕事をするなら私服より作業服がある職場の方がいいと私は思っています。