子供の歯医者通いについて思うこと

我が家には6歳と2歳の子供がいます。
自分自身が虫歯で苦労してきたこともあって、子供の歯には気をつかってきました。
しかし極端な制限はお互いのストレスになるので「無理なく」「楽しく」を心がけています。

歯磨きはこまめにていねいに、歯磨きジェルや歯ブラシは歯医者で勧められているもの、キシリトールタブレットを積極的に取るといった程度ですが今のところ二人とも虫歯はありません。
そして、自宅でのケアと共に定期的に歯医者でフッ素塗布をお願いしています。
日常のケアだけでは段々とたるんできてしまいそうなところに、歯医者でのケアが加わることで、子供たちの「歯を大切に」という意識が高まるのを感じます。
歯医者も子供たちのために可愛い「歯磨きグッズ」や「ごほうび」を用意してくれていて、通院も楽しくできています。
私が子供の頃は歯医者といえば「痛い思いをするところ」でしたが、我が家の子供は「歯磨きを褒めてくれるところ」「虫歯にならないようにお薬を塗ってくれるところ」という意識のようです。
そのような意識付けをしてくれた歯医者なら、いざ治療という時も安心してお任せできそうだと期待しています。
これからも親子で歯の健康を考え、定期的な歯医者通いをしていきたいと思っています。