湯西川温泉は平家の歴史のスポットがある

この温泉がある場所は、栃木県の日光市の最北部にあります。ここは、平家落人伝説が残るといった歴史のスポットがあることで知られています。源氏と平家の戦いで有名な壇ノ浦の戦いですが、この戦いで平家は源氏に破れてしまいます。そして破れた平家が逃げ延びた地が湯西川温泉であると言われています。

この温泉を発見したのが平家落人だと伝えられてます。その関連した歴史スポットがあちらこちらに点在してます。その情報を観光雑誌で知って、一度は行ってみたいと思って現地に2018年の7月に行きました。この地は標高が750m前後とやや高い場所に位置をしていますので、夏でもひんやりとしていて過ごせました。また清流の湯西川沿いにある沢山の温泉旅館やホテルそしてペンションや民宿などが立ち並んでいたので、その中からペンションに泊まりました。宿泊料金もリーズナブルでしたので、ペンションでも十分満足できました。さらには、平家の里にも行きました。ここは茅葺きの古民家を改築して造られていて見応えがありました。重要文化財や文化的価値が高い民芸品が数多く展示されていますので興味深かったです。それと湯西川温泉は小さな集落ではありますが、年間で開催されるイベントの数は多いです。年間を通じて100日以上何かしらのイベントが開催されています。私が訪れた時には、ちょうど竹の宵まつりが開催されました。数多く並べられた竹灯籠やぼんぼりの明かりが何とも言えない神秘的な感覚がしました。