ウィングボディで繰り広げられたゲリラライブ

大学時代、東京に住んでいる友達の家に遊びに行った時のことです。繁華街を歩いていると、何やら人だかりが。何かあるのかな?と思い、私たちもその場でたたずんでいると、何やら怪し気なトラックが現場にやってきました。こんな場所にトラック?と思っていると、そのトラックの後ろ部分、つまり荷物を入れるところですね、ここが、急にぱかっと開き、中からステージが出てきたじゃありませんか。

後で知ったのですが、こういった造りの事をウィングボディというらしく、ゲリラライブなどでは良く使われるとのこと。確かにね。トラックのような、移動のできる乗り物に、ステージを備え付け、そしてそれをいつでも自分の好きなタイミングでオープンにできるというのは、ゲリラライブにはもってこいですよね。ウィングボディ・・、誰が考えたのか知りませんが、本当に素晴らしいアイデアです。とまあ、この時、人生で初めてウィングボディによるライブを楽しんだわけですが、いやあ、楽しかった。一般的なステージとは違い、コンパクトな造りであるウィングボディは、我々視聴者と、演奏者との距離が近く、興奮度が半端ではありません。また、サプライズ的な演出により、こちらのテンションはマックス!短い人生、このような経験ができるのはそうそうありませんからね。いい思い出となりました。