相続税を減らす方法

相続税は1000万円未満の10%から6億円超の55%まで段階的に税率が高くなっていきます。せっかく家族のために働いて稼いだ資産を相続によって半分失うというのはさみしいものですね。そこで税理士に相談すると様々な相続税対策をアドバイスしてくれます。しかし国税局もそれはわかっていますので対策の対策をとっています。

例えば、相続税には相続人の人数に応じて基礎控除というものがあります。相続人ひとりあたり600万円までは相続税が発生しないのです。ご主人が亡くなった時、半分は奥様が相続することになりますが、この金額が多いと奥様が亡くなったときにまた相続が発生してしまうため、子どもたちは2重に相続税が発生してしまいます。そこで孫たちを養子にすることで相続人を増やして基礎控除を増やすと同時に、遺言状で奥様の相続分を減らして孫にも直接相続が発生するようにするのです。この相続税対策の養子は実子がいる場合はひとりまで、実子がいない場合はふたりまでです。しかし、このように妻と子以外が相続した場合、相続税は20%加算されてしまいます。

もっと良い方法があります。それは生前贈与です。人にお金を贈与した場合、贈与税がかかりますが、年に110万円までは贈与税がかかりません。これを利用して毎年110万円ずつ何年もかけて贈与していくのです。