職場のエアコンについて思うこと

私の職場のエアコンですが高効率型のエアコンでして、ガスにてお湯を沸かしてそのお湯で冬場は温めるというもので利点としてはのどが痛くならないという利点があります。何故、この高効率型のガスのエアコンにしたかですが、うちの社長さんが大阪ガスの方と知り合いでしてエアコンの価格をサービスしてあげようということで取り付けたエアコンです。

性能としては音が静かであり夏場のエアコンについては通常通りの方法で冷却するらしくあ高い状態の熱をポンプで真空引きすることにより冷却されるという手法で冷却し、冬場のみお湯のパワーで暖房とする方式です。普通ですと職場のエアコンはヒーターにて冬場は温めると思いますが、うちのエアコンはガスで暖房としてエアコンを使用することが可能でガスで温める際に発生する熱でさらに蓄電することができ蓄電したエネルギーを利用してエアコン内部のファンを回すエネルギーに変えるというものを使用してます。この方式の業務用のエアコンですが最近ではメジャーらしくそれほど珍しくないらしく一般家庭の住居用もあるらしく高値ですが高性能です。もっともこのエアコンの性能が出る部分としては暖房になり、ガスこそ消費しますが電気代よりは安いですし、発電機能があるのでうちの社長は偉く気に入っています。このエアコンシステムを導入する際、判断を最終的に下したのが私になりますので実質的には私が導入したシステムであるということです。