防犯カメラを家にセッティングしておくだけで一安心

防犯カメラというのはコンビニやスーパーなどの万引き防止のために使われているイメージが多いですが、最近では一般家庭でも使えるような少し安めの防犯カメラも売っているみたいです。私の家では使っていないのですが、万が一何かあったときのためにも家庭用の防犯カメラを用意しておいても損はないのではないかと思います。

防犯カメラを置くメリットとしては犯罪している現場を捉えられるだけではなく、威嚇のような効果もあります。ゴミ箱を荒らすカラスの対策としてかかしが置かれるように、一般家庭内における空き巣などの犯罪にもやはり防犯カメラがかなり効果的のようです。防犯カメラで撮影された映像はメモリーディスクなどに記録されるため、警察に提示する証拠としても役に立ちます。映像での証拠があることによって犯人の特定に繋がりやすくなりますから、やはりそういった意味でも防犯カメラは非常に有効的だということが分かります。
しかし防犯カメラがあまり一般家庭内に普及していないということは、日本はまだまだ平和だと捉えることもできますよね。海外では家を空けると空き巣に入られるのが当たり前なところもあるので、必ず一家に一台は防犯カメラを用意しているところもあるそうです。