遺品整理で出てきた、意外なもの

私の祖父母は、二人とも10年以上前に他界しました。
二人が住んでいた家は今も残っており、中の荷物もそのままです。
なぜなら、田舎にある昔の家でとにかく広くて物の量も多いため、手の付けようがなかったからです。
それでも一度だけ、親戚が集まって少しだけ遺品整理をしたことがあります。

汚れなどがひどく、もう使えないようなものは廃棄して、使いたいものは持ち帰るという程度の簡単なものでした。
そのとき私は居間にある茶箪笥を整理していたのですが、引き出しの中から紙のつつみを見つけたのです。
なんだろうと開けてみたところ、それは私の成人式の写真でした。
両親が送ったのかもしれません。
祖父母が大事に保管してくれていたのだと知り、嬉しかったものです。

遺品整理は1日だけでは終わるものではなく、残りは今もそのままになっています。
業者などに頼めばすぐに終わると思うのですが、そこは長男であるおじさんが決めることなので私からは何も言えません。
しかし遺品整理と聞くと、なんとなくあの成人式の写真を思い出してしまいます。
うつりも悪いからと特に気に入っている写真ではありませんでしたが、その写真は私が持ち帰り、今も大事に保管しています。