オークションやフリマアプリで役立つ発泡スチロールの存在

発泡スチロールってなんといいますか、とても微妙な存在だと思うんです。
世の中に必要なものではあるのだけど、何かと邪魔もの扱いされ最後にはゴミとして処理される運命なのです。
あまり発泡スチロールについて語られることもなく、かといって消えることのない必要なものでもある、なんとも言い表せない存在です。

しかし近年この発泡スチロールが何かと役に立つ機会が増えてきたと思うのです。
例えばここ数年、オークションやフリマアプリの普及で物を送る機会って飛躍的に増えていると思います。
そこで割れ物や壊れ物を送るときに発泡スチロールって非常に役立つのです。
これまでは送られてきたものに入っていたもの、くらいの認識でしたが最近は自ら使用する機会の多いものとして存在感を放ってきたなと感じています。

発泡スチロールってあんな軽くて脆いものなのに、衝撃吸収剤としてはコストも安く本当に使えるものなのです。
送られてきたら処理が面倒だと思うのですが再利用する機会が増えた事で、発泡スチロールにも陽の目が当たってきたのではないでしょうか。
私もオークションなどで壊れ物を送る際は大変、重宝しています。
このように発泡スチロールは、間違いなくネットの普及前に比べて存在価値が上がったものの一つといえるでしょう。