スペースシャトルは何度も飛びたてるようになっている

宇宙に向かい飛び立って、そのままっ戻って再び同じ期待で宇宙まで行く。昔なら夢でしかないコンセプトを現実にしたスペースシャトルですが、今では惜しまれつつ引退して宇宙計画の歴史の1ページになりました。そしてスペースシャトルそのものはまだ何度も宇宙とび立てる状態のまま役目終えたのを知ってるでしょうか?シャトルが再度のフライト終えて、3機が残っていて、その時点で各スペースシャトルの宇宙飛行回数は25回、33回、39回でした。実際スペース飛行は最高100回まで宇宙飛行できる設計です。そして事故起こし貴重な命失われてしまうこともあり、老朽化するパーツの交換メンテナンスという問題も抱えていました。

ですが、宇宙旅行に危険つきものという現実もあり、スペースシャトルだけが打ち上げに高確率で失敗したのではなくて、ほかのロケットと比較しても事故率は変わらず、安全な飛行できないことを理由に引退余儀なくされたのではありません。そして、スペースシャトルによる宇宙計画打ち切られた理由はお金かかりすぎにあります。同じ期待を繰り返し使えて、低コストで飛行ができるといった当初の目算とは裏腹、スペースシャトルにかかるコストは高いです。