初めての方へ簡単な麻雀についての説明

皆さんは麻雀をご存知でしょうか?麻雀は大人の遊びと言う印象が非常に強いとは思いますが、実はそうではありません。そこで今回は初めて麻雀を行おうと考えている方、また麻雀について少しでも知ろうと思っている方に対して麻雀とはどのようなものなのかと言うことについて簡単にお話をしていきたいと思います。

簡単に言うと麻雀は4人1組で行う遊びであり、全部で34種類、各4枚ずつで合計136枚ある牌を役と言う麻雀の完成形に行っていくように遊ぶゲームのことを言います。牌はトランプで例えるとカードのようなものであり、この牌を4人にそれぞれ13枚ずつ配って手元に残った牌をその役を揃えるように順番に1枚ずつ牌を入れ替え、全ての牌が配り終わるまでに役を完成させるゲームのことです。一見難しそうに見えるかもしれませんがそれまで難しいゲームではなく、みんなで楽しくまた脳の活性化や戦略性などを鍛えていく大変頭を使うゲームとなっています。
またこの役を揃えるにあたり特典が与えられるのですが、最終的にその特典が1番高い人が勝利となるのです。またその点数計算は1人でもできる人がいればスムーズに行うことができますので、麻雀を知っている方を捕まえてみんなで麻雀を行うことができれば、きっと楽しい遊びになることは間違いありません。