万が一の病気やケガを支える役割がある障害年金は必要不可欠

病気やケガなどになってしまった時に支給される障害年金は、とても意味のある年金制度だと思います。なぜならこの制度がなかったら、病気やケガなどで働けなくなってしまった場合に満足のいく収入を得られなくなってしまう可能性が高いからです。

たとえ五体満足ではなくても働いている人はたくさんいますが、健常者でなければいろいろと不都合が生じるのは間違いありません。できる仕事はどうしても限られてきますし、働き先を見つけるだけでも一苦労です。重病や重症ともなれば、ただ生きていくだけでも大変です。そんな病気やケガなどで生きていくのが困難な人にとって年金は貴重な収入源となる頼みの綱ですので、この年金があることによって収入的に救われている人は多いはずです。

お金が支給されたからといって病気やケガが治るというものではありませんが、それでも収入があればお金の心配をそれほどしないで済みます。それは本人はもちろんのこと、病気やケガなどで苦しむ本人を支えている家族の負担を軽減させることにもつながります。ですので障害年金はぜひとも拡充させておくべき年金ですし、万が一の時の備えになるのは間違いありません。障害年金があることで救われる人は少なくないと思います。