行政書士と司法書士の違いについて

行政書士」と「司法書士」という言葉は「行政」と「司法」この2つが違いますが、何がどう違うのかいまいち理解できません。実際私もそうでした。でも、今回色々調べて私なりに解った結果を書いてみたいと思います。
①行政書士は国や官公庁に提出する書類を作成する仕事
行政書士は国や官公庁に提出する書類を作成します。行政書士しか作れないのは以下の通りです。
①営業許可証:これは会社がその営業を行う際に国に許可をもらわなければなりません。例を挙げると飲食業ならば飲食店の営業許可、建設会社ならば建築許可といった国や役所に提出する書類がありその書類が作成できるのは行政書士だけです。
②自動車の車庫証明:これも役所に提出して証明してもらうので行政書士しかできません。

③出入国管理申請書:基本的に外国人が絡む書類はほぼ行政書士しかできないと思って良いでしょう。一部司法書士でも出来るものもありますが外国人が絡む書類の作成は行政書士にお願いするのが無難です。
司法書士しかできない仕事
①不動産の登記:これはもう司法書士しかできません。
②遺言書の作成:これは行政書士でも出来ますが、法律に詳しいのは司法書士の方なので司法書士に頼む方が無難です。
③裁判所に提出する書類の作成:これは司法書士の本業です。裁判所に提出する書類は司法書士の担当です。
まとめると、会社の営業許可等役所に提出する書類は行政書士、不動産の登記と、遺言書等裁判の絡むものは「司法書士」です。司法書士の方が扱える分野は多いですが会社関係は「行政書士」の方が多いケースもあります。もし会社を設立する際は両方頼みましょう。